パーゴワークスの「ニンジャテント」に新色ダークベージュが追加

パーゴワークスニンジャテントキャンプグッズ

Paago Works(パーゴワークス)の居住性と軽量性をとことん追求したソロ用テント「NINJA TENT(ニンジャテント)」に新色ダークベージュが追加となり、2022年1月28日より抽選申込の受付が始まっています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Paago Works

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ニンジャテントの特徴

ニンジャテントの主な特徴を見ていきます。

居住性の高いソロ用テント

ニンジャテントは居住性と軽量性をとことん追求したソロ用テントです。2022年モデルから既存のダークグレーカラーに加え、ダークベージュが新色として加わりました。出入り口のフライシートは跳ね上げられるようになっており、広い前室を確保できます。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

出入り口は大きく開くようになっており、フルオープンにすれば前室に身を乗り出して過ごしやすい空間をつくることができます。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

室内には大型のユーティリティポケットが6つあり、天井にはギアループが6ヶ所あります。背面アクセスジッパーもあり、至れりつくせりの室内空間です。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

最小重量1.16kgで超軽量

収納袋はユニークな巻物タイプとなっており、最小重量はわずか1.16kgです。ポールを中心軸にすることで驚くほど簡単にテントを撤収できます。収納時のサイズは45×15cm、バイクパッキングにも適しています。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

ポールは軽量で強靭なDACフェザーライトを採用しています。フライシートとボトムはメンテナンス性の良いシルナイロン。各所に軽量かつ耐久性のあるマテリアルを厳選して使用しています。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

通気性も抜群

ベンチレーションは背面のフライシートを大きく巻き上げる方式となっています。室内からでも操作できるので、自由に風抜けをコントロールできます。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

インナーテントは前後に大きなメッシュパネルを装備しており、吊り下げ式にすることでフライシートとインナーテントの間の熱のこもりを防ぎます。

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

販売価格: 49,500(税込)

◾︎抽選スケジュール
2022年1月28日〜2月6日 抽選エントリー
2022年2月8日 当選者発表 (夕方ごろ)
2022年2月9日〜 順次発送

製品仕様詳細
■付属品
インナーテント、レインフライ、スタッフバッグ、ペグ7本、ガイライン2本、ポール2本、専用グラウンドシート、リペアキット(トレッキングポールは付属しません。)
■サイズ
120 x 220 x 105cm
■最小重量1
160g(フライシート、インナーテント、ポール2本)
■最大重量
1600g
■定員
2名
■シーズン
3シーズン
■素材
30Dナイロン シリコンコーティング
■カラー
ダークグレー、ダークベージュ
■耐水圧
3700mm(フライシート、インナーテントのボトム部分)

パーゴワークスニンジャテント
出典: Paago Works

まとめ

ニンジャテントが約1年ぶりに再入荷となりました。抽選販売となり供給量がどれくらいあるかわかりませんが、倍率は高くなることが予想されます。次回入荷もいつになるかわからないので、購入を検討されている方は忘れずにエントリーしましょう。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他パーゴワークスに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました