SOTO(ソト)2023年新商品8アイテム

SOTO2023年新商品キャンプグッズ

新富士バーナーが展開するブランドSOTO(ソト)から2023年の新商品が発表されました。SOTOとしては初となるテントや、チタン製ポット、レギュレーター2バーナーのアップデート品、Hinotoオーナメントなど、様々な商品が登場する予定です。詳細をレビューします。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

SOTOの2023年新商品8アイテム

2022年11月にSOTOの2023年新製品内覧会が開催されました。新たに登場する予定の新製品の詳細をご紹介します。

※掲載している製品写真はいずれも開発中のもので、最終仕様の製品ではありません。製品化にあたり外観や仕様の変更が行われる可能性もあります。あらかじめご了承ください。

HORUS SOLO T/C

販売予定価格: 99,000円(税込)

HORUS(ホルス) SOLO T/Cは、SOTOとしては初となるテントです。ソロ用のTC素材のシェルターで、標準で付属するキャノピーポールやシェルターウォール(陣幕)により様々な張り方にアレンジできます。

SOTO2023年新商品

フルクローズ状態では通常のティピー型テントと同様、ワンポールで立ち上げる構造になっています。

SOTO2023年新商品

側面の三角形部分が左右2箇所で二重に折りたたまれた構造になっており、付属する2本のキャノピーポールでフロント部分を大きく開いて跳ね上げられるようになっています。

SOTO2023年新商品

ここからさらにユニークなのは、跳ね上げてオープンになった前面部分を別パーツとして付属する陣幕で覆うことができます。

SOTO2023年新商品

天井部分はフルオープンにできるようになっており、夜に幕内から星空を眺められるというロマン要素の他、十分な換気ができるためSOTOの主力商品であるバーナーなどの火器を安心して使えるというメリットがあります。

SOTO2023年新商品

陣幕にはファスナーがついており、前面のみ巻き上げてオープンにすることもできます。

SOTO2023年新商品

陣幕はフロント部分だけでなく、サイドもしっかりと覆う構造になっているため、冬場でも横からの風を防ぐことができます。なお、陣幕はテントに接続せずに通常の焚き火陣幕のように使うことも可能です。

SOTO2023年新商品

背面側にも出入り口があります。センターポールのある中央部分にも幕があり、寝室とリビングスペースを分離することが可能です。センターにジッパーがあり、オープンにして巻き上げることもできるため、仕切りなく一体で使うこともできます。

SOTO2023年新商品

素材はスカート部分も含めすべてTC素材です。展示品は試作中のもので、製品版はもう少し濃いグレーになるとのこと。カラーはグレーとコヨーテの2色展開です。

SOTO2023年新商品

発売当初はSOTOのオンラインサイト限定での発売となります。

製品仕様詳細
■品番
ST-810
■素材
シェルター本体: T/C、陣幕: T/C、ポール: アルミニウム合金
■総重量
約10kg
■セット内容
シェルター本体x1、陣幕x1、メインポールx1、サブポールx2、ペグx14、1.5mガイロープx4、2.5mガイロープx6、コンプレッションベルトx1、収納袋
■発売日
2022年冬発売予定

チタンポット750、チタンポット1100

販売予定価格(750): 6,050円(税込)
販売予定価格(1000): 6,600円(税込)

チタンポット750はチタン製で板厚0.3mmの軽量ポットです。実物に触れるとその薄さと軽さに驚かされます。750ml容量の縦長ポットで、リフター(持ち手)、リッド(蓋)を含む総重量はわずか95gです。

SOTO2023年新商品

OD缶やシングルバーナー、リフターをまとめて中にスタッキングできるため、ウルトラライト嗜好の方や、登山用に軽量なポットをお探しの方には特におすすめの製品です。

SOTO2023年新商品

チタンポット1100は容量1100mlの横長ポットで、こちらの総重量は120gです。

SOTO2023年新商品

容量が大きくなった分リフターの形状、大きさも安定性の高いものに最適化されています。

SOTO2023年新商品

製品仕様詳細
【チタンポット750】
■品番
SOD-530
■サイズ
ポット: φ101 x 高さ120mm
リッド: φ101 x 高さ5.3mm
リフター: 幅29 x 奥行108 x 高さ68mm
■重量
ポット: 60g、リッド: 15g、リフター: 20g、総重量: 95g
■容量
750ml
■材質
ポット本体、リッド: チタン、リフター: アルミニウム合金・ステンレス
■発売予定日
2023年4月発売予定

【チタンポット1100】
■品番
SOD-531
■サイズ
ポット: φ156 x 高さ74mm
リッド: φ156 x 高さ6.8mm
リフター: 幅29 x 奥行108 x 高さ65mm
■重量
ポット: 65g、リッド: 35g、リフター: 20g、総重量: 120g
■容量
1100ml
■材質
ポット本体、リッド: チタン、リフター: アルミニウム合金・ステンレス
■発売予定日
2023年4月発売予定

Hinotoオーナメント(麻の葉・七宝・青海波)

販売予定価格: 770円(税込)

Hinotoオーナメントは、大ヒットしたHinotoのオプション製品です。ホヤに挿入することで灯りを装飾することができます。

SOTO2023年新商品

厚さ0.05mmのステンレスシートで、伝統的模様をあしらった3種類のデザインが提供されます。

SOTO2023年新商品

シートは非常に薄く、力を入れずともスムーズにホヤの中に丸めて装着できます。長時間使っていると煤汚れがつくこともあるということでしたが、着脱も簡単なので拭き取って簡単に手入れができます。

SOTO2023年新商品

パターンは麻の葉(あさのは)、七宝(しっぽう)、青海波(せいがいは)の3柄となります。

SOTO2023年新商品

製品仕様詳細
■品番
麻の葉: SOD-2604AS、七宝: SOD-2604SP、青海波: SOD-2604SG
■サイズ
幅96 x 高さ61 x 厚さ0.05mm(使用時・本体のみ)
■重量
1g
■材質
ステンレス
■発売予定日
2023年4月発売予定

スライドガストーチ ST-487

販売予定価格: 2,750円(税込)

SOTOの定番人気商品スライドガストーチも構造を大幅に変更して新たに登場します。単純な外観デザイン変更ではなく、多数の販売実績を経て寄せられたユーザーからの不具合報告を解消する変更が行われています。

SOTO2023年新商品

既存のスライドトーチの構造は、火口下部に吸気孔がありここに汚れが入り込んで詰まってしまい、故障するケースが多かったとのこと。これを解消するため、新モデルでは吸気孔の位置をハンドル上部や底部など火口から遠い位置に変更されています。

SOTO2023年新商品

また、ガスタンクも充填時に不純物が混入しやすく、写真右のように純度が下がってしまうことがあったということで、写真左のように新モデルでは活性炭を入れています。

SOTO2023年新商品

製品仕様詳細
■品番
ST-487
■サイズ
幅40 x 奥行17 x 高さ185mm(使用時)
幅40 x 奥行17 x 高さ117mm(収納時)
■重量
57g
■炎温度
1300℃
■使用燃料
(充てん式)ライターガス/カセットガス
■発売予定日
2023年春発売予定

広口フューエルボトル S/M/L

販売予定価格(S): 3,080円(税込)
販売予定価格(M): 3,520円(税込)
販売予定価格(L): 3,740円(税込)

広口フューエルボトルはガソリン等の燃料用ボトルです。様々なボトル製品が登場する中、フューエルボトルの内容物を子どもが誤飲してしまわないよう、商品設計されています。

ボトルの外観は危険物であるということがわかりやすいようビビットな赤色になっており、ブランドロゴは控えめに「FUEL BOTTLE」という文字を大きく表示したデザインになっています。

SOTO2023年新商品

蓋の形状も回すだけでは開けられないようになっており、下部に押下して回すことで開けられる構造になっています。これは誤飲防止のためでもあり、登山中に蓋がひっかかって空いてしまうことを防ぐ目的もあるとのこと。

SOTO2023年新商品

ボトル口は広口になっているため、燃料を注入する際に便利です。

SOTO2023年新商品

製品仕様詳細
■品番
S: SOD-703S、M: SOD-703M、L: SOD-703L
■内容量
S: 280ml、M: 480ml、L: 720ml
■サイズ
S: φ67mm x 高さ173mm、M:φ74mm x 高さ226mm、L:φ74mm x 高さ296mm
■重量
S: 約153g、M: 約195g、L: 約253g
■材質
アルミ、樹脂
■発売予定日
2023年秋発売予定

【リニューアル】レギュレーター2バーナー GRID

販売予定価格: 29,700円(税込)

レギュレーター2バーナー GRIDも製品改良が行われています。大きな変更点は2点あり、1つ目は火口径が大きくなり火力がアップした点です。

SOTO2023年新商品
(改良モデルST-528)

従来モデルは火口径が45mm、火力は2,500Kcal/hでしたが、改良モデルでは火口径が66mm、火力は2,800Kcal/hとなりました。改良モデルではより広範囲かつ均等に加熱ができるようになったため、例えば餃子などを焼く際はより満遍なく焼き上げられるようになります。

SOTO2023年新商品
(従来モデルST-526)

もう1つの変更点はゴトクの形状です。火口に近い側のゴトクがカットされたことで火口まわりの清掃がしやすくなっています。

SOTO2023年新商品
(改良モデルST-528)

既存モデルはこちら

製品仕様詳細
■品番
ST-528
■サイズ
(風防取り付け時)幅474 x 奥行252 x 高さ145mm
(風防不使用時)幅474 x 奥行251 x 高さ121.5mm
(収納時)幅474 x 奥行251 x 高さ121.5mm
ゴトクサイズ:幅154 x 奥行154mm(x2)
■重量
2.24kg(本体のみ)
■発熱量
2800Kcal/h x 2
■使用時間
約1.4時間
■火口径
66mm
■発売予定日
2023年6月発売予定

【リニューアル】レギュレーターランタン

販売予定価格: 7,920円(税込)

レギュレーターランタンにも改良が加えられています。

SOTO2023年新商品

点火時に使うアシストレバーが標準装備され、より点火しやすくなりました。また、2本のスタビライザーの素材もステンレスに変更されています。

SOTO2023年新商品
(改良モデルST-261)

従来モデルでは点火スイッチが奥の方にあり点火しづらかった点が解消されます。

SOTO2023年新商品
(従来モデルST-260)

既存モデルはこちら

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

製品仕様詳細
■品番
ST-261
■サイズ
幅100mm×奥行130×高さ150mm(使用時)
幅65mm×奥行105×高さ150mm(収納時)本体のみ
■重量
247g(本体のみ)
■材質
メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
■原産国
日本
■照度
150ルクス(80W相当)ST-760使用時、150ルクス(80W相当)ST-700使用時
■使用燃料
SOTO製品専用容器(CB缶)
■使用時間
約4.5時間(ST-760使用)約4.5時間(ST-700使用時)
■点火方式
圧電点火方式
■付属品
専用収納ケース、マントル1枚
■発売予定日
2023年8月発売予定

【リニューアル】ミニマルワークトップ

販売予定価格: 6,490円(税込)

2022年の新商品であるミニマルワークトップにも改良が加えられています。

SOTO2023年新商品

これまでオプション製品として別売りだったスタンド抜け落ち防止の樹脂製ストッパーが標準装備されます。

SOTO2023年新商品

既存モデルはこちら

製品仕様詳細
■品番
ST-3401
■製品サイズ
幅376×奥行153×高さ95mm(展開時)
幅300×奥行153×高さ33mm(収納時)
■重量
約600g
■材質
アルミニウム(トップボード、スタンド)、 ステンレス(トッププレート、スタンド)
■原産国
日本
■発売予定日
2023年3月発売予定

まとめ

SOTOの2023年新商品が発表されました。完全新商品が5アイテム、リニューアル商品が3アイテム登場します。いずれの製品も、どのようなユーザーにどのような価値を届けたいかという点が考え込まれているのと、ユーザーからのフィードバックを真摯に製品づくりに反映している点が印象的でした。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他SOTOに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました