【キャンプ場レポ】しおさいキャンプフィールド(1/3)レビュー編

しおさいキャンプフィールドキャンプ場

2021年3月下旬、千葉県にあるしおさいキャンプフィールド&ホテルに行きました。南房総の温暖な気候を楽しみながら、徒歩数分で海に出られる好立地のキャンプ場です。実際の施設面の特徴を踏まえながら詳細をレポートします。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

レビュー概要

総合評価

★★★☆☆ 3/5点満点

ロケーションも良く、海も近くて施設も綺麗に維持されているキャンプ場です。元々ホテルが生業で敷地内をキャンプ場に転用したという背景から、どうしても人工的な雰囲気が残ってしまっているのが少し残念でした。

良かった点、気になる点

良かった点

  • ◎関東からのアクセス良好(アクアラインが渋滞していなければ)
  • ◎海まで徒歩数分、夏はプールもあり
  • ◯スタッフの方々のこまめな見回りあり
  • ◯炊事場、大浴場、トイレなどは十分清潔

気になる点

  • △海風が強いことがあるので要注意
  • △大自然を感じられる雰囲気ではない
  • △サイトは広めであるもののやや圧迫感あり

基本情報

キャンプ場名称しおさいキャンプフィールド&ホテル
住所〒299-2521 千葉県南房総市白子2792
電話0470-46-4633 (受付時間: 9〜20時)
Webページhttps://shiosai-minamiboso.com/
メール記載なし
標高6m
チェックイン13時〜(アーリーチェックイン不可)
チェックアウト〜11時(追加料金でレイトチェックアウト可)

アクセス

東京駅からだと約109km、アクアラインが渋滞していなければ。2時間かからないくらいでアクセスできるでしょう。

レビュー詳細

A〜Fサイト+RVサイトがあり、全54サイトから選択

サイトの広さや特徴が異なるA〜F+RVサイトがあり、予約時に選択する必要があります。Webページに細かい説明がありますが、宣材写真だけでは雰囲気を掴むのは難しいです。別途サイト選び編で詳細をご紹介いたします。今回私はBサイトに宿泊しました。

この土曜の稼働率はおそらく90%以上で、Bサイトも10サイト中9サイトが埋まっていました。Bサイトは9×12mの108㎡の面積であるはずなのですが、斜面や電柱、植栽などが区画内にあるサイトが多く、体感的には108㎡の広さを感じられません。サイト間の道路も狭めで全体的に圧迫感がありました。

しおさいキャンプフィールド

海まで徒歩数分、釣りもできる?

キャンプ場から道路を挟んだ向こう側はすぐ海なので、歩いて海岸まで出ることができます。釣り場としても有名なようで、実際に釣りをされている方がたくさんいました。

しおさいキャンプフィールド

設備は清潔に管理されており、一部ホテルのものを使える

ホテル(管理棟、売店)

ホテルのフロントがキャンプ施設の管理棟、売店も兼ねています。チェックインはドライブスルー形式、売店は券売機方式です。売店の品揃えは薪、焚付、ガス類とほぼ燃料系のみです。

しおさいキャンプフィールド

薪は一束1,000円で販売されていますが、隣のローズマリー公園では660円で購入できます。

トイレ

ホテル内のトイレと、他にも施設内各所にトイレがあります。どのトイレもキレイに清掃されていました。

しおさいキャンプフィールド

炊事場

炊事場も管理が行き届いていました。お湯が出ます。

しおさいキャンプフィールド

ゴミ捨て場

ゴミ捨場も施設内に複数あります。分別すれば無料で捨てていけます。

しおさいキャンプフィールド

コインシャワー

200円/5分で使えるコインシャワーが2室あります。こちらも清潔でした。

しおさいキャンプフィールド

大浴場(ホテル内)

大人800円、小人500円でホテル内の大浴場を使うことができます。オンライン上のクチコミでは、「排水溝に髪の毛がたまっていた」、「大浴場がとにかく残念」などネガティブな書き込みばかりだったので利用するのに若干抵抗がありました。

実際の大浴場の脱衣所がこちらです。

しおさいキャンプフィールド

浴槽内はこちら。

しおさいキャンプフィールド

確かに「ホテルの大浴場」という期待値で入るとがっかりしてしまうと思います。浴場自体は相当年季が入っており、木製の壁部分は一部カビていました。髪の毛云々の管理の部分は私が入ったタイミングでは問題なかったです。800円の価値に見合うか?という点で言うと、同価格帯でもっと良いお風呂はあるでしょうが、車で移動することなくお風呂に入れるというメリット享受するには妥当だと感じました。

隣のローズマリー公園はなまる市場を活用しましょう

しおさいキャンプフィールドの隣は道の駅ローズマリー公園です。特にA、Bサイトからだとトイレのついでに立ち寄れる距離感なので、上手く活用されることをおすすめします。広葉樹の薪は一束660円でした。

しおさいキャンプフィールド

珍しくスウェーデントーチも置いてあります。サイズによって価格は異なりますが、600〜1,000円くらいでした。

しおさいキャンプフィールド

その他野菜などの地産品がたくさん販売されています。

結論

オンライン上のクチコミでは「ホテルの駐車場でキャンプしているみたい」と表現されているものがありましたが、逆にこれだけ年季の入ったホテルを上手く業態変換して人気のキャンプ場として運営されていることに驚きました。確かに大自然を感じられるキャンプ場とは言い難い部分はあるかもしれませんが、ファミリーキャンプ用に設備の整った過ごしやすいキャンプ場と言えると思います。

その他キャンプ場レポに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました